2012.7.7      各項更新  
2011.1.18 各項最新更新
2010.1.22 プロフィール
2010.1.5 入団案内
2009.12.10 フォトギャラリー
2009.12.8 プロフィール
2009.10.20 コンサート プロク゚ラム

2009.8.7

ニュース

2009.8.6

Copyright Link

2009.8.6

団員用ページ
2009.8.3 hanaotoより移転

更新履歴

練習内容

基礎トレーニング 約30分》
  ・ラジオ体操 第1でウォーミングアップ      

  ・ヴォイストレーナーによる体を動かしながらの

         フォーム作りで自然体の美しい発声!            

  ・分離唱とカデンツで音感を養う 

 

全体練習 約2時間》

  ・休憩をはさんで、楽しく集中した曲作り

     古橋先生の指導のもと、

     女声ならではの美しく繊細な表現を追求しています

    

フォローアップ練習 30分~1時間》 
  ・苦手や不慣れの克服 、パート練習など・・・

 

基礎トレーニング 発声練習

 

 次の発声運動は、H.23 7/12付けでコンサートマスターの増田睦実さんが、ご自分の経験から、わかりやすくまとめた発声運動です。今までの発声法の応用です。身に付くよう練習しましょう。

 

自然体

 筋肉が柔軟な正しい自然体は、無駄な力が入らずバランスのとれた運動が始められる。美しい声の条件は柔軟であること。

歌は自然体から始まり自然体で完結する。

1.鼻から吸って壁に立つ 

2.鼻から吸って片手を上げる  }重心はつま先に、口をゆるめる。

 

楽器をつくる

⋆始めは休機を拡げ、馴れたら拡げて息が入る。

1.ヨットー背筋を広げる。

      両手を前に背中に向かって吸気、首は曲げない。

2.アコーデオンー肋間筋、広背筋を拡げる。

      胸においた手を押し返すように拡げる。手の甲で押す。

3.口・鼻とじー上胸部円周を豊かにする。

      (大きな風船~保って手をおろす)

4.氷のうー横隔膜を下げインプルスに深く息を入れる。

    みぞおちとインプルスに手、そこを広げるように息を吸う。

      膝をゆるめる。

5.膝をストンー横隔膜の自覚。短期間で息を吸うー(犬呼吸)

      自然体~足を前後に膝をストンと曲げ息を吸う。

6.純粋呼気ー自然体が保ち易く、のどに無理がかからない。

     インプルスから胸を押し上げる。インプルスに深くいきを吸い、 自然体2.で息を出す。(自然体に戻る)

 

 *以上の運動で、高音から低音まで正しい統一をはかる。

 

 

アンザッツポジション

理想的な歌い方は、一つの音色で最高音から最低音まで歌えること。

頭声、胸声など、部分的に動く筋肉は違うが、あくまでも全体運動の中での部分運動であること。

  アンザッツポジションは、それぞれが共鳴ポイントだが、全体として用いられ曲の要求によって強調される。

 

1.上の歯ー(親指一本唇の前)背中から回された息で「S:」「Z:」

     「PTKFS(f)」  平べったい声がはっきりする。

2鎖骨中央のくぼみー(えりまきトカゲ)砂骨から肩に掛けて息を乗せる。

     唇は引かれる。ろっ骨甲状筋で咽頭が下がり固定される。

     (喉が「開く)

3A.鼻の付け根ー(高音ハミング・Ni・Ni)‐鼻をつまんで「NiNi」発声暗 い声。       

   鼻に掛った良く鳴る声で声帯筋の緊張と伸展。口蓋全体がドーム

3B硬口蓋ー(香を嗅ぐ)-ほほ骨上げる「uh 」

       声門は閉じられ、まるく柔らかい響きの乗った声。

4.頭頂・軟口蓋ー(ストローで細く長い息を頭頂に吸う)鎖骨~咽頭に向かって 緊張し背筋が拡がる。胸骨甲状筋と口蓋・咽頭筋の共働により、 声帯は最大伸展し薄くなり声が軽くなる(デックング状態)「NiNi」

5.額(舌の力を抜いたハミング)-アゴをつかみ~おでこに手、そこから細い息がでる感じ。音は弱く細いファルセット。    

   咽頭がゆるみ少し高くなり 声帯中央が少し開く。 p ~f までのロングトーン、あるいはfからsub.pに移行する時の力を抜いた発声。

      

6.首のつけね(後ろを開く)-両手を顔の横、手をめくりながら腰に息を入れる。声帯は最大伸展し強力な声をつくる。

      艶のある響きと充実した豊かな高音を生み出す。

      高音になるにつれ 更に後下に引かれる。「Ya 」

 

これらの発声法にプラス、[アオ] という発声を加える。

*以上、声を出しながら練習を重ね、自然に歌に応用していくことで少しづ つ実感される。

 

 

 ⇒ 今練習している曲目 はこちら